ヤクルト「葉っぱのミルク」で美肌に

女性なら、お肌のために青汁を飲みたいという人も多いでしょう。
青汁には抗酸化作用のある成分が含まれていますから、
肌の酸化を食い止めたいという人には最適です。

 

つまりは老化を防いでくれることになり、
アンチエイジングの美容液以上の必須アイテムになるのではないでしょうか。

 

青野菜から作られているので、ビタミンも豊富です。
女性の身体に欠かせない、葉酸もしっかり含まれています。

 

これらの働きにより、
肌細胞の活性化に期待できるのが青汁の嬉しいところ。
毎日続けることで、ターンオーバーの乱れが整ってくるでしょう。
とはいえ、毎日続けるには、コストパフォーマンスも気になりますね。

 

 

ヤクルトの青汁「葉っぱのミルク」は、
20袋入って約1,000円で購入できます。
どの青汁にしようかなと思って、
安さで「葉っぱのミルク」に目を付けた人も多いはずです。

 

数ある青汁の中でもお手頃価格なのに、
メーカーは信頼のヤクルトの青汁というのですから、
たくさんの人から選ばれているのも不思議ではありません。

 

おまけに、さらに女性に嬉しい成分、豆乳や玄米も配合されています。

 

あらかじめ豆乳が加えられているので、
今まで青汁を乳製品で割って飲んでいた人にも便利ですね。
美味しくて美肌になれる青汁、「葉っぱのミルク」にチャレンジしてみませんか?

ヤクルト「葉っぱのミルク」の味

ヤクルトの青汁「葉っぱのミルク」は、パッケージも商品名も可愛い青汁です。

 

青汁って青臭いイメージがありますが、
葉っぱのミルクから受ける印象はミルキーなまろやかさ。

 

もしかすると、青臭い青汁が好みの方には
物足りなく感じるかもしれないほど飲みやすいのが特徴なのです。

 

年々、美味しさが売りになってきている青汁業界ですが、
やはり青野菜が苦手な人には飲みにくいと感じる模様。

 

でも、葉っぱのミルクなら大丈夫という人が増えているのは見逃せません。
初めて青汁を飲む方にもおすすめなのは、
最初に不味い青汁を飲んでしまうと
二度と青汁にチャレンジしたくなくなる恐れがあるからです。

 

「葉っぱのミルク」にミルクの名が付けられているのは、
イメージだけの話ではありません。
青野菜に豆乳が加えられているから、ミルクなのです。

 

 

青汁を牛乳や豆乳で割って飲む人は多いと思いますが、
あらかじめ豆乳が配合されているのが葉っぱのミルクなのです。

 

栄養豊富な玄米も加わって、
葉っぱのミルクは単なる青汁とは一線を画す味になっています。

 

粉末になったスティックタイプなので、持ち歩きにも便利ですよ。
水に溶かすと100ミリリットル分の青汁になるので、
飲み切りやすいのも人気の理由です。

 

朝食代わりの1杯に、寝る前やお風呂上りの1杯にも、
ちょうどいい量ではないでしょうか。

すこやか自慢 青汁と乳酸菌